メリットとデメリット

メリット

美味しい水がいつでも気軽に飲める

日々の飲料水から、お米の炊飯、料理に、コーヒー、紅茶、お茶に、お酒の割り物に、赤ちゃんのミルクと幅広く活用ができます。一度ウォーターサーバーの水を使うと水道水に戻ることができません。それぐらい味が変わります。

 

お湯も常時飲める

ウォーターサーバーの多くがホットが飲めるようになっています。ポットの代わりをしてくれます。ガスで沸かすよりも料金が安くなります。コーヒーやお茶を飲むときに重宝します。またカップラーメンに使用できます。

 

新鮮な水を飲むことができる

ウォーターボトルに入った水はいつも新鮮に飲むことができます。ペットボトルの水のように開封したらが外気に含まれる塵や埃などが侵入してきますが、ウォーターサーバー内部の衛生状態を保ちます。

 

ペットボトルのミネラルウォーターを買う手間がない

ウォーターサーバーは自宅に届けてくれます。また使い終わったウォーターボトルも回収してくれるので、ペットボトルのゴミが増える心配がありません。スーパーなどでペットボトルを購入しても持ち買ってくるまで重くて大変ですよね。

 

断水でも使用可能

日本は災害国家です。もし地震が発生したら?断水になったとしても、ウォーターサーバーなら飲み水の確保ができます。万が一の“その時”に備えてウォーターサーバーで備蓄水対策を推奨します。

 

ガス代の節約

ご存知の通り、お湯を沸かすと思った以上にガス代がかかります。お湯を沸かす頻度の高いご家庭でしたら確実にガス代の節約になります。

 

 

 

デメリット

水代がスーパーなどに比べると高い

スーパーで2リットルのミネラルウォーターを購入しようとすると120円前後です。ウォーターサーバーの標準的な値段であるアクアクララの12リットルで1260円。2リットルあたり200円ちょっとです。ちょっと割高ですね。

 

サーバー代や水を温める為、約1,000円/月の電気代がかかる

このサーバー代ですが、アクアクララの最新モデルであるアクアアドバンスを使用すると月に600円ほどとなります。この値段だとガスを沸かしたり、ポットの電気代を考えると反対に安くなります。

 

ウォーターサーバーの設置場所

見ての通りウォーターサーバーは結構大きいので、置く場所を選びます。プラスウォーターボトルの保管場所も必要になってきます。置き場所を考えてから契約することをオススメします。

 

ノルマがある

ほとんどのウォーターサーサーバー会社では月に最低2本のウォーターボトルを購入しなくてはなりません。1人暮らしだとちょっと多い量になります。2人暮らしでちょうどよい感じになります。お子さんのいるご家庭ならこれでも足りなくなることがおおいです。

 

衛生面に不安がある

これが業者によってさまざまです。アクアクララのように衛生面に気を使っている会社もあれば、衛生面に問題を抱えている業者も多いです。

 

お申込み月はウォーターサーバーレンタル料が無料!


トップページ 最新キャンペーン 申し込み方法 利用料金 気になること(FAQ)